お知らせ

解体業者に依頼するよりも遺品整理業者に依頼したほうが良いたった一つの理由

2020年02月13日

遺品整理は解体業者ではなく遺品整理業者にしたほうが良い理由

世界中のどの国を見渡しても、日本が最も高齢者が多い国になっています。そのため、以前と比較すると、どんどん空き家が増えてきており、解体しなければならない家屋も増えてきています。

空き家の記事は以前執筆したので興味ある人はご覧ください。

日本の空き家の増加率は過去最高の14.1%!空き家対策に伴う遺品整理も増加傾向に

 

これからの日本は空き家の解体が多くされる時代に突入していきます。しかし、お客様のほとんどが解体業者に家財の処分と遺品整理を依頼しているケースが多く、もしかしたら損をしているかも・・・
今回は、遺品整理は遺品整理業者に依頼したほうがよい理由について解説していきます。

家財の整理は遺品整理業者にしたほうが良い理由

生前整理だとまだ気持ちが楽ですが、遺品の場合、ご遺族にかかる負担は相当なものになることが予想されます。事実、私も父親を亡くした経験がありますが、その際は非常に大変でした。

家財の整理は本当に大変な作業になります。

そのような大変な家財の整理は、遺品整理業者に依頼したほうが良いです。その理由は以下になります。

理由:費用が安い

なんといっても、費用面が大きいです。私の経験上、一軒家の家財処分費用はどんだけいっても60万円くらい。
しかしながら、解体業者に依頼すると、30万円くらい上乗せされることが多いです。

それは、以下の2つの理由が主に挙げられます。

  • 中間マージンが発生していること
  • 分別が甘い

どの業界にもよくあることですが、解体業者は遺品整理を別業者に発注するため、その手数料がのっかっています。

また、解体業者は分別を混載にする傾向にあります。理由は分別には手間がかかるためです。混載にしたほうが一発で済むので解体業者としてはメリットがあります。

しかし、お客様側はデメリットしかなく、その費用はお客様が支払うことになってしまいます。

ちなみに、基本分別は以下の5分別になりますが、

  • 混載

この中で混載(プラ、ガラス、陶器、分別で時間かかるもの)が最も費用が高くなります。

その金額はなんと、木の4倍になります・・・

このような理由から遺品整理業者に依頼したほうが良いのです。

まとめ

遺品整理業者に依頼したほうが良い理由は「費用面」ということでした。どの業界でも言えますが、やはり「餅は餅屋」です。

あなたが遺品整理・生前整理をしなければならないときは、遺品整理士の資格を持った当社のような遺品整理業者に依頼することを強くおすすめします。

当社は明朗会計であり、適切なサポートが売りです。

ぜひ、物は試しに一度お見積りをご依頼下さい。

 

0120-878-632
お問い合わせ