遺品整理の豆知識

遺品整理には3種類の仕分けが必要

遺品整理をするときは以下の3つの仕分けが必要です。これを意識するだけでうまく分けることができるかもしれないので、ヒントを差し上げます。

仕分けは3種類

  • 捨てるもの
  • 残すもの
  • 残すか捨てるか判断が迷うもの

捨てるもの

家具(食器棚)、テーブル、タンスなどの大型家具

テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどの家電リサイクル法や小型家電リサイクル法に基づく処分

衣類、食器、日用品、布団など

残すもの

思い出の品、写真、故人が大切にしていたもの

貴重品、貴金属

重要書類

預金通帳、印鑑

判断に迷うもの

残されたご家族と話し合い決める。

遺品整理士と話し合い決める。

 

以上のことがヒントになるかもしれません。ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

0120-878-632
お問い合わせ